« ナルニア国物語:カスピアン王子の角笛 | トップページ | 夏の完璧ごはん »

Prom 31: BBC Concert Orchestra

年に一度の〝お付き合い〟でロイヤル・アルバート・ホールに行ってきました。友人のサイモンが大好きなんだよね。彼は毎年12、3本は聴きにいってんじゃないかな。プログラムは以下のとーり。

  • Gershwin Strike Up the Band (7 mins)
  • Gershwin, arr. Jason Yarde Porgy and Bess - My man's gone now* (BBC commission: world premiere) (6 mins)
  • Jason Yarde Rhythm and Other Fascinations (BBC commission: world premiere) (6 mins)
  • Stravinsky Ebony Concerto (10 mins)
  • Bernstein Prelude, Fugue and Riffs (10 mins)
  • Interval
  • Gwilym Simcock Progressions for piano and orchestra (BBC commission:
    world premiere) (22 mins) 
  • Gershwin An American in Paris (18 mins)

いや、ガーシュインはキライじゃないのよ。でも今回のコンサートそのものはかなりどーでもよかったな。指揮のチャールズ・ヘイズルウッドはぴょんこぴょんこ飛び跳ねててカワイイといえばカワイイけど、管を押さえるのが下手。そのせいか、ときどき音が軽く流れすぎちゃう。「コンサート・オーケストラ」そのものが儂的にはどーでもいいのも、この軽さゆえ。バッハとかビーバーとかやると致命的だもんな。かといってパガニーニやタルティーニをばっちりキメられるほどの技巧性もない。あと、グゥイリム・シムコック(すごい名前)の作品は悪くなかったけど冗長。五分は短くてもいいのではないか。ま、音はキラキラしててきれいでした。

そもそもジャズとプロムの悪いんだよ。ふー。ゴスロックとかシューゲイザー、シンフォニックロックなんかをやったほうがずっといいのに。新規の聴衆も獲得できるしさ。「エピカ」とか「アフターフォーエバー」とかをクラシックからのアプローチで料理するとかいうなら、儂、きっと好奇心でチケ取っちゃうと思う。

« ナルニア国物語:カスピアン王子の角笛 | トップページ | 夏の完璧ごはん »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。