« ヘルボーイ Ⅱ | トップページ | 0040 »

アイアンマン

そろそろマーベル原作のアメコミ映画もネタ切れじゃないかと思うのだが、なんやかやと毎年新作が封切られる。が、興行的には大成功しても映画として完成度の高いものはほとんどない。『Xメン』三部作と天才ギレルモ・デルトロ監督の『ヘルボーイ』くらいだろうか。

と、そんなところに地味ながらなかなか面白い映画が登場した。『アイアンマン』。である。

マーベルに限らず、今日びの特撮大作のヒーローはスタア俳優、もしくは若手演技派アイドルが主流。出演陣が豪華でないと虚構{ウソ}を虚構{ウソ}として楽しめないからだ。最近なら『クローバーフィールド』や『グエムル』みたいに、よほどの新味がないと無名キャストではシラケてしまう。

『アイアンマン』の主人公を演じるのはロバート・ダウニーJr。スタアというには微妙な位置。若手にもアイドルにも程遠い。けれど確実に演技派ではある。かつて本物だったせいか(笑)イッちゃってる系の役は抜群にうまい。今回も「正義の味方」でありながらエキセントリックな自己チュー天才科学者というアクの強いキャラを楽々と演じている。

加えてヒロインにグゥイネス・パルトロー、敵役にジェフ・ブリッジスという芝居巧者を起用。おのおのに演技の〝しどころ〟も用意され、映画好きが満足できる作品となった。むろん荒唐無稽ではあるのだが、演技クオリティが虚構{ウソ}に妙なリアリティを与えている。

ダウニーJrはヒーローらしくないどころか、いい人であろうとすらしていない。そんな彼とブリッジスとのギリシア悲劇的な父と子の葛藤は、ありがちな勧善懲悪の枠を越えて胸に迫る。

また、主人公が拉致された粗悪な環境で作るプロトタイプ戦闘ガジェット(『鋼の錬金術師』のアルみたいで萌え)の〝なさけなさ〟や、試行錯誤の末に至った空を飛ぶときのキューピーちゃんポーズの〝おバカ〟な感じなどのディテールがすこぶる愉しい。

つまりは映画が見た目だけのカッコよさに縛られていない、「ヒロイズムの嘘」の犠牲になってないんだよね。特撮ファンでない人たちにこそ映画館に足を運んでほしい作品である。

« ヘルボーイ Ⅱ | トップページ | 0040 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。