« セックス・アンド・ザ・シティ | トップページ | ナルニア国物語:カスピアン王子の角笛 »

マンマ・ミーア!

ひさしぶりに放ったらかしておいたGayderのアカウントをあけてみたら、全メンバー宛てにこんなメッセージが。

Gaydar is proud to present a screening of Mamma Mia! The Movie exclusively at the ODEON Leicester Square - Pride London Weekend, 6th July at 7.45pm (show time 8.30pm)
Recreate your favourite Mamma Mia! moments in costume, song and dance. Gaydar prizes and subscriptions for the best outfits. Wind down your Pride weekend celebrations with Gaydar and Mamma Mia! The Movie.


たしかにABBAはマドンナ姐さんと並んでゲイアイコンの特Sクラス。今回も思いっ切りピンクポンドを当てこんだパブリシティですね。まあね、イギリスは『SATC』だって、一日とはいえアメリカよりに先に封切られたくらいだからね。きっと、この企画も派手に盛り上がったことでしょう。 儂は行ってないから知らないけど。

あ、もちろん普通に封切館へ観には行きましたよ。相方と一緒だったんだけど意見は真っ二つに分かれた。

相方曰くは、メリル・ストリープ始め主要キャストがあまりにも素人臭くってミュージカル作品として成立していないのが致命的。だという。儂はむしろ反対に、その素人臭さ、普通の人たちが歌い踊る楽しさこそがこの作品の真骨頂であり、むしろキャストの中で唯一プロのミュージカル唱法を聴かせたアマンダ・セイフライドが世界観を台無しにしていたとさえ思う。と、感じた。島中の女たちが老いも若きもチビも太っちょもみんな揃って大行進する「ダンシング・クィーン」のシークエンスとか、もう、膝がうきうきするくらい楽しかったもん。振り付けは舞台バージョンを手がけたアンソニー・ヴァン・ラースト。よく、わかってらっしゃる! そんなわけで、儂は好きですね。これ。名作だとは思わないけど。

最後の結婚式シーンに登場する、沿道をぼんぼりで飾られた島の教会が夢のように美しかったな。

« セックス・アンド・ザ・シティ | トップページ | ナルニア国物語:カスピアン王子の角笛 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。