« 0015 | トップページ | Beowulf »

3:10 to Yuma

Walk the Line』で一躍名を馳せたジェイムス・マンゴールド監督の新作。57年の同名西部劇のリメイク。いわゆる〝アンチ・ヒーロー〟もの。主人公のベン・ウェイドは繊細な感受性を秘めてはいるものの根っからの悪党で、冷酷な強盗犯。物語は捉えられたウェイドを刑務所送りの列車――ユマ駅3時10分発の――に乗せるための、警官や用心棒たち一行の苦難に満ちた旅を描いている。

基本的にはウェイド役をラッセル・クロウにやらせるためだけに作られた映画。ただただ、それだけ。確かに無法者の黒い魅力を発散させるクロウはこの上なくセクシーだけど、でもねえ、プロモーションビデオじゃないんだから。さすがに二時間は持ちませんよ。彼と対比される形で描かれるキャラクター、ダン・エヴァンスはみごとに為所のない役になっており、それをまた影の薄いクリスチャン・ベールが演じるものだからしまいには悲しくなってしまう。

なんつーか、いろんな意味で「納得いかない作品」でした。

« 0015 | トップページ | Beowulf »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3:10 to Yuma:

« 0015 | トップページ | Beowulf »